食事マナー

 

意中の男性とデートをしたり、会社はプライベートでも男性と食事に行くことがあるでしょう。

 

 

自分ではあまり気にしていないと思っているところでも、相手の男性は『マナー』をしっかりと気にしているってご存知ですか?

 

そこで、男性から「恋愛対象」だと感じてもらえる簡単なポイントを2つご紹介したいと思います。

 

 

食事のマナー

一番を付けなければいけないのが食事のマナーです。

 

異性との食事の機会は本当に多いですからここは押さえておかなければいけません。

 

 

食事中に口をあけて笑ったり、

 

口の中に食べ物が入っている状態でおしゃべりをする女性はいい印象を持たれません。

 

 

笑う時は口元を隠し、口の中に食べ物が入ってる時は喋らないようにしましょう。

 

 

食事位自由に食べたい・・・なんて思うかもしれませんが。

 

男性の目は実はしっかりと見ているのです。

 

 

もちろん、箸の持ち方も見ていますので、正しく持てていない方は

 

この機会に練習をしましょう!

 

 

また、普段からも魚の食べ方なども練習し、寄せ箸、刺し箸、迷い箸などなどもしないように心がけましょう。

 

食べ方が綺麗で、箸の持ち方だけではなく、食事のマナーもきちんとできています。

 

 

それから、ポイントが高いのが、出された食事を完食することです。

 

少なくとも、自分の取り皿に料理やお椀に米粒が残ったまま『ご馳走様』をするのはやめましょう。

 

 

男性にとって食事のマナーが出来ている女性は、彼女候補、奥さん候補なのです♪

 

 

自宅編!静かに動くようにしましょう!

男性は女性の自宅での動きを見ています。

 

では、どういうところが見られるのか?

 

 

それはずばり『生活音』です!

 

 

例えば歩き方にしても踵をつけて歩いたり、ドアの開閉でも意外と大きな音が出てしまいます。

 

食後の食器片づけでも結構大きな音が響きます。

 

 

細かいところですが、

 

細かいがゆえに『男性は注意できない』のです。

 

 

歩く際の「ドスンドスン!」や「バタン!」など音が響いてしまうところは特に意識して直すように心がけましょう。

 

男性は『もう少し静かにできないのかな・・・』と心に思っていることが多いです。

 

 

特に、男性の実家にあいさつにいった際などは『ハラハラ』しています。

 

相手のご両親からも

 

 

「機嫌が悪いのかな・・・?」

 

「マナーがなってないな」

 

 

と思われてしまいます。

 

ドア一つ、食器一つでも、

 

静かに、大切に扱うようにしていると

 

 

「おしとやかな人だな」

 

と好印象を持たれ、愛されるようになれます♪

 

 

マナーのまとめ

マナーって誰かから指摘されないと気づけないですよね。

 

 

そしてマナーってとっても指摘し辛いんです。

 

細かいことですし、恥ずかしい事でもありますからね。

 

 

でもそういった指摘を素直に受け取って、

 

直して、身に着けられるのが愛される秘訣になります♪

 

 

今回のご紹介したマナーはすぐに実践できることなのでぜひ身に着けて下さい。

 

恋人からの愛情もより深まるでしょう。